相模原の女性税理士。相模原市 横浜市 町田市, 八王子市 日野市などの多摩地区を中心に活動。税務・会計・創業支援・NPO法人支援お任せください。

相続税

相続税はいくら財産があれば申告義務があるのでしょうか?

相続税は相続人の数によって定められている基礎控除額を超えた場合申告をする義務があります。

基礎控除額は次の算式で計算します。

3,000万円+600万円×法定相続人の数

【例】夫婦と子供2人の4人家族で、夫が死亡した場合

法定相続人は妻と子供2人の3人ですので、

基礎控除額は 3,000万円+600万円×3=4,800万円

つまり、申告が必要な遺産の額は 4,800万円超 ということになります。

 

相続税には配偶者控除や小規模宅地の特例など、申告することによって受けることができる多くの特例があります。その結果、相続税を納める必要がない場合もあります。

まず、相続財産がどれ位あるのか算定しましょう。お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 042-719-3136 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGETOP
Copyright © 宮脇紀子税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.